銀行系カードローンの審査基準は厳しいの?

銀行系のカードローンは審査は甘くは無い!?

消費者金融の個人向け融資が一般的に広まった十数年前、この貸金ビジネスに目をつけたのが銀行です。

 

それまで銀行は企業や法人向けの融資をメインにしてきていましたが、銀行系カードローンを取り扱うようになってから、どちらも主力の金融商品として確立しました。

 

それでは、銀行系カードローンの審査でゆるい基準のものはあるのでしょうか?

 

残念ながらどこの銀行系カードローンも非常に厳しい審査基準に設定しており、そう簡単に借りることが出来ないのが現実です。

 

総量規制対象外で多額のお金を借入可能で、しかも低金利ということでその分、リスクがあるワケですから審査が厳しくなるのは当然のことです。

 

審査に通りやすい金融業者として、中小のサラ金があります。

 

しかし中小金融には、どさくさに紛れて闇金業者が潜んでいる可能性があり、貸金業者選びで間違えてしまうと大変なことになってしまいます。

 

そう考えますと、中小消費者金融のように甘い審査ではありませんが、大手消費者金融でキャッシングをした方が断然安心で安全といえます。

 

大手消費者金融でしたら、全国各地に店舗を構えているだけではなく、自動契約機やインターネットでも申込をすることが出来るので、高い利便性があります。

 

継続した安定収入があり、ブラックヒストリーが無ければパートさんやアルバイトでも審査通過は可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。